高性能(耐震等級3・劣化対策等級3)

耐震性能

地震大国と呼ばれる日本では、都市部における大地震が 甚大な災害を引き起こす恐れがあります。
そのいざという時に、住まいが備えるべきこととは何でしょうか。
大災害から大切な人命と資産を守るために住まいができることは何よりもまず建物の耐震性能を高めることです。
私たちは、地震に強い家づくりを推進するため、建築基準法の基準を超える耐震基準に基づいて、家を築き上げています。
安全というクオリティで選ぶ、それがユニヴェルホームのこだわりです。

「耐震強度1.5倍」とは、日本住宅性能表示基準の耐震等級の最高レベルである3に該当し、極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力の1.5倍の力に対して建物が倒壊・崩壊しない程度の強さであることを示します。建築基準法で定められた最低限必要な耐震強度1.0に対し1.5倍の耐震強度基準を満たした建物です。



工法
ナイスの強い家の基本を担う工法

大きな地震の発生が危惧されるなか、構造の安全性や信頼性に対するお客様の関心やご要望は高まる一方です。そのご要望にお応えするのが「パワービルド工法」です。高性能金物による接合、専用CADでの構造設計とそれに基づくプレカット加工など、高い構造信頼性を実現しています。

パワービルド工法の特徴

「パワービルド工法」は、一歩進んだ木造軸組み工法で、木の良さを生かしたまま、住まいとしての品質を高めています。その特徴は、高い強度と耐久性を誇り、歪みやくるいの少ない最新技術の「構造用集成材」と高強度の「オリジナル専用金物」の使用です。耐久性を高めるために、厳選された木を組み合わせてつくられる構造用集成材の基本原理は、古い寺院の柱などにも使われています。また、「パワービルド工法」は、構造用集成材に加え、接合部にオリジナル専用金物を使用することで、木造軸組み工法の建築性能をトータルにパワーアップ。将来への対応、安全性への配慮、信頼のシ